暴走族(ぼうそうぞく)

画像


 プロジェクトの話題は暴走族だ。それはバイクを乗ることが大好きな若い人たちのことだ。暴走族が一番楽しむことは、ぞくと一緒にバイクを乗ったり、バイクを乗りながら危ない遊びをしたり、そしてできるだけうるさい音をしたりすることだ。また、暴走族のほかの意味は90年代のストリートファッションのひとつだ。ファッションとして、暴走族は簡単な言葉で、労働者と戦士とヤクザの格好を取り入れるスタイルだ。典型的にろうどうしゃの働く服ととっこうふくという戦士のコートを着り、そして暴走族の男の子はヤクザのような紙をする。そして、女の子暴走族もある。

 暴走族文化の始まりは50年代である。50年代に出た、始めたの暴走族はカミナリ族と言った。カミナリ族はバイクを乗ったり、バイクを作り直したりすることに関心があるお金持ちであった。あの時、悪い人のイメージがなっかた。

 けれども、70年代と80年代に、暴走族の数が激増して、お互いに危ないけんかをすることがどんどん見られた。けんや野球のバットや小さいばくだんなどで戦っていた。暴走族の危ない活動に対する記事が何度もニュースに出た。とくに広島と東京でよく起こったそうだ。

 青春に対して法律が厳しくなったことから、90年代まで、暴走族の数がだんだん少なくなった。同時に暴走族という生活がすたれて来た。人気がなくなった。その時暴走族はだいたいビンテージファッションという意味になった。例えば、90年ぐらい、チャンプ・ロードという暴走族ファッションのざっしが現れた。

今も真の暴走族がまだあるそうですが、消えていく。そして危ない悪い人のイメージがまだ持つ。90年代と最近、やくざと関係があるそうだ。暴走族の数が少なくなったから、やくざから守りに頼るようになってしまう。でもどのぐらいうわさかどのぐらい真実か良く分かりません。

 では、今暴走族に対してドキュメンタリがすぐ出たそうだ。興味があれば、SayonaraSpeedTribesと呼ぶ。

"暴走族(ぼうそうぞく)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: