日本のいれずみ

こんばんは、

昨日、面白い日本のいれずみについて本を読みました。1750年ぐらいに始めてpictorialいれずみが作られました。中国の「水滸伝(すいこでん)」という有名な本の絵と浮世絵(うきよえ)から興味を受けました。水滸伝はRobing Hoodに当たる本で、水滸伝のheroesは数人が竜とか虎とか花とかのいれずみがあります。そして日本でほんやくしてから、かそうかいきゅう(lower classes?)の中--artisansとろうどうしゃ(laborers)とやくざ--でpictorialいれずみが人気になって来ました。いままで日本でいれずみはやくざを連想させるそうです。それでいれずみを持ったら、のけ者(outcast?)になるかもしれません。アメリカのいれずみに比べて、日本のは普通アメリカのより大きいです。一つのは体の大部分をcovers!

画像


画像

Tattoo artistと妻

画像

Tattoo artistの妻以外実は女が入れ墨を持っているのはとてもめずらしいです。

私はこんな日本の入れ墨がきれいだと思います。アメリカのより本当に絵画のようですね。よく考えておきそうです。

じゃまたです。

"日本のいれずみ"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: