Theadora-neko

アクセスカウンタ

zoom RSS たからづか

<<   作成日時 : 2008/12/06 11:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

私のインタビゥーのテーマは宝塚歌劇団(たからづかかげきだん:Takarazuka Revue)です!宝塚を知っていますか。宝塚というのは女性だけが演じる演劇ということです。インタビゥーの前、私はそれだけ分かりました。インタビゥーの人に「普通の演劇と宝塚はどう違いますか」や「どんな人に人気がありますか」という質問をしました。

違うのは、いうまでもなく役者が女性だというのですが、それを以外、普通のに比べると、宝塚はいしゅう(costumes)やぶたい(stage)がとてもごうか(gorgeous)で、演劇の最後にすてきなフィナリがあることです。インタビゥーの人に、それは宝塚の一番楽しみだそうです。

画像


<<役者はたくさんきらめき(sparkles?)とかはねが付いたいしゅうを着ます。

でも、また違いもあります。宝塚はほとんどロマンスの話で、演劇の中にけんかはほとんどありません。それは、とくに女性のために宝塚の演劇が作られたと思われています。

宝塚のファンはほとんど女性です。それで、女性の中で、中学生の少女と中年の女の人が宝塚のファンです。また、これはとくに面白いで、家族の中で一人のファンがいれば、家族の女性のみんなは一緒に宝塚に見に行って、みんなはファンになると言われました。私は宝塚は家族の楽しみだと思いませんでした。たぶん友達だけが宝塚に見に行くだろうと思ったけど、間違いましたね。

そのぐらい習いましたけど、それでは、ユーツーブでキリプをさがして見てみる時、私には宝塚の一番好きなところは役者がデイの男を演じるところです(0_0)。そのクリプの始めのシーンを見てください。すぎのシーンはつまらないからです。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
大阪に住んでいた時に、駅で宝塚のポスターをいつも見た。 見に行こうと思っていたけどそのチャンスがなかった。おれの友達はその興味がなかったので。残念やね?でも去年のブラント先生の授業でちょっと勉強した。宝塚のファン文化はとても面白い。例えば20世紀の最初に、宝塚と日本のレズビアンサブカルチャーと一緒に開けた。それに、時々スキャンダラスな身分が高い人と宝塚の役者の情死したことがあるそうだ。
Daniel
2008/12/08 08:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
たからづか Theadora-neko/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる